WordPress入門書

一般

図書館でWordPressの書籍を借りてみた(4冊)

体系的に何から手を付けるのが良いかわかりやすく、著者によっては追加で知っておくと便利なものがあると気づける。

書籍の具体的な内容

入門書ということで最初の大半は同じような説明です。

  • なぜWordPressが選ばれるのか
  • 仕組みからサーバの選択や管理画面の見方など
  • テーマやブロック機能の使い方
  • プラグインについて

・・・など。

メリットとデメリット

メリットとしては

フルカラーで図や写真も多く読みやすい
同じ説明があるものは必須だとわかる

デメリットとしては

この数冊ではCocoon導入のメリットの説明がない
購入の場合は費用がかかる(1500円~3000円程)

図書館で借りてきた書籍

WordPress入門講座
はじめてのWordPress入門 決定版
今すぐ使える かんたんWordPress
WordPress仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書

※ kindleで購入する場合は電子書籍のほうを選択

総合的な感想

わたしの場合はWEBでの説明では頭に入って来なかったため、Youtubeの動画で実際の動きを見て全体的な手順を理解した上で書籍で復習するかたちを取った。
入門書ということではあるが、短期間で形になるのでモチベーションが上がるという利点はあります。