自作@パソコンパーツ

【型落ち自作PCの薦め】

2021年2月現在、CPUでいえばIntelが第10世代、AMDでいえば第4世代に入っています。
型番でいえばIntelがCore i7 10700など、AMDがRyzen7 5800Xなど。

8コア16スレッドなどが主流になってきてCPUだけでも4万円前後します。

ところが!!
ブログ制作には最新の性能は必要ないのです。
この記事も一世代前のIntel Core i5 9400というCPUで制作しています。
高性能なパソコンも所持していますが、体感的にはほとんど差がありません。
それでいて価格は2万円ほどと半額です。

ビデオカードも4Kモニタを使わなければCPU内蔵のもので問題ありません。
ただ情報あつめにYoutubeなどを見ることもあるでしょうから3万円ほどのRTX 1650クラスのビデオカードがあると良いかもしれません。「動画再生支援機能」というものが搭載されているので滑らかに再生することができるわけです。

ケースも7000円から15000円くらいで十分良いものが買えますし、電源も1万円弱のものくらいで良いと思います。
メモリも16GBで不自由することがないのでざっと計算すると、

  • CPU  20000円 i5 9400
  • メモリ  15000円 16GB(8GBx2)
  • マザボ  12000円
  • グラボ  30000円
  • ケース  10000円
  • 電 源  10000円

税込み10万円弱で購入できます。グラフィックボードは後で必要に応じて書いたしで良いので7万円で足りる計算です。
しかし、Windows10や起動用SSDを購入することになるので10万円の予算は欲しいところです。

「10万円以下のゲーミングPCお薦め」などで検索すれば同等金額くらい販売してはいます。
しかし、パソコンの性能は5年を目安に買い換え時期が来ます。

その時にまた考えたときに自作で組み立てていれば 知識がついて部分的なパーツ交換で延命 することが可能になります。

そうすればまた10万円用意するのではなく半分くらいで済むようになるのです。